バイオダイナミック農法 503番 カモミール調合剤 

2005年度の記録


 HOME > 調合剤作り > 503番 カモミール調合剤

調合剤の種類
500
501
502
503
504
505
506
507
508
マリア・トゥーン

◆作用

  • カルシウムと硫黄との関係を持つ
  • 土の中の窒素を安定させる
  • 植物の成長を刺激する土の生命を増加させる
  • 植物がシリカとカリウムの間の正しい関係を見つけることを助ける
  • 土が大気、宇宙環境から正しい量のシリカを取り入れることができるようにする
  • 水星と関係をもつ

◆材料

  • カモミール(カミツレ)
    [5・6月の花の日] 聖ヨハネ祭の前がよいとされているが、北海道ではまだ花が咲いていないこともあるので、少し遅めている。早朝〜10:00
  • 雌牛の小腸

詰める [2005.9頃予定]

埋める [2005.9頃予定]

取り出す [2006.4頃予定]

使用法

保存法



カモミール

< 翌年  2004年 >

[2005.7.6]カモミール収穫





雌牛の小腸

< 翌年  2004年 >
[2005.9.30]牛の内臓より小腸を取り出す。



詰める

< 翌年  2004年 >

[2005.9.30]小腸の片側を縛りカモミールを詰める。

(この後、ドニーさんの実習で、縛らないでするほうが入れ易いことを知る)


いっぱいに詰め込んでもう片方を縛りできあがり。

埋める

< 翌年  2004年 >

[2005.10.1]ノコギリソウ調合剤502番と共に埋める




取り出す

< 翌年  2004年 >
[2006.4頃予定]






使用法

< 翌年  2004年 >

積み上げた堆肥の中に502番から506番(内惑星:水星、金星、月と外惑星:火星、木星からの作用に該当する調合剤)をそれぞれ1スプーン位ずつ、穴を掘り入れる。

入れる順番は、502番から順番に506番まで並べる。(507番、土星からの作用に該当する調合剤は、最後に暖かい雨水に入れ20分間撹拌した後、堆肥にじょうろでなどでかける)

保存法

< 翌年  2004年 >

乾かない内にガラス瓶に詰め、少しふたを緩くし呼吸ができるようにして、ピートモ スの敷きめた木箱にビンのふただけ出して埋める。その上からピートモスを詰めた 布袋をかぶせる。木箱は直射日光の入らない冷暗所に置く。






参考&ご協力いただいたところ



BackNumber
2005年度
2004年度
 HOME > 調合剤作り > 503番 カモミール調合剤

ウインディーヒルズ・ファーム:バイオダイナミック農法の実践のHOMEへ戻る
ウインディーヒルズ・ファームとは バイオダイナミック農法 調合剤 通信販売
ファームアルバム ファームの仲間 スケジュール ファーム日記 リンク

Copyright(C) 2004-2005 Windy Hills Farm All Rights Reserved.
Produced by press328.com