北海道でシュタイナー思想を基に、教育・農業・生活を実践する場。

''2018年度ミカエルカレッジ''

2018年度ミカエルカレッジ

ひびきの村の教員養成プログラムに向けて

 2019年というのは、世界最初のヴァルドルフ(シュタイナー)学校が始まって100年という記念の年です。
アントロポゾフィー「真の人間とは何か?」という実践哲学が根幹にあるこの教育が今、世界中でますます必要とされ、アジアなど ものすごい勢いで広がってきています。

豊かな自然、施設環境、プログラムのあるひびきの村のミカエルカレッジでも、近年フルタイムの
教員養成コースの開催を希望する声を多くいただくようになりました。

この「記念の年」である2019年に実際教師として立つために、自分らしく輝き、世界であなたを待っている
こどもたちのために2018年度の教員養成コースを是非ご検討ください!

ひびきの村には、小さなお子さんをお持ちのお父さんお母さんの学びを支える幼児保育の場「フォレストベイ・ナーサリースクール」もあります。

NEW開講が決まりました!定員8名の残席は3名です!(2017.12.14現在)
<2018TT募集概要>
 2018年3月15日(木)17:00まで 若干名二次募集します!
 ※ただし、定員になり次第終了します。ご関心がある方はお早めに!!

<2018TT講義内容>

<2018体験説明会>
 ※全日程終了しました → 個別にお問合せ下さい

<2018TT関連イベント>

フォレストベイ・ナーサリースクール
 3歳以上のお子様がいらっしゃる方、同じ敷地内で安心して保育を受けられます。

最新の更新 RSS  Valid XHTML 1.0 Transitional